データ入稿フォーム

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

TEL:048-814-1232
  • お気軽にお問い合わせください
  • TEL:048-814-1232
  • お問い合わせ

Column
お役立ち情報

「SSL対応」で信頼されるWebサイトへ!

こんにちは!営業のIです。
今回は安心・安全なWebサイトを作成する第一歩となる「SSL対応」についてご紹介させていただきます。

1.はじめに

みなさんは、各ブラウザで下記のようなアドレスバーをご覧になったことはございますか?

こちらは各ブラウザで、SSL対応していないWebサイトを閲覧している際に表示される警告です。
SSL対応が施されているWebサイトでは下記の表示となります。

ChromeとFirefoxでは、それぞれ「鍵マーク」が表示され、保護されていることが認識できるようになっております。

2018年9月現在では、どちらのサイトでも閲覧自体への問題はありませんが、今後SSL対応がますます広がっていくことが考えられています。

2.SSLとは

インターネットをより安全に通信するため、
「Web ブラウザ」と「Webサーバ」が暗号化されたデータを使って通信する仕組みです。

主に「データを安全に通信する」「サーバー運営者を証明する」という2つが大きな目的で、
これらを改善することで「盗聴」「改ざん」「中間者攻撃」などの攻撃からWebサイトを守ることに役立ちます。

※背景として、近年格段に増加した「公共エリアの無料Wi-Fi」などの影響もあると考えられています。

下記に簡単なSSLの仕組みの一部をご紹介します。

先ほど、SSLの仕組みについて
“「Web ブラウザ」と「Webサーバ」が暗号化されたデータを使って通信する仕組み”
と記載いたしましたが、データを暗号化する際に必要なもののひとつが上記の「サーバ証明書()」です。

SSL化を行うことによって、皆さんがサイトを閲覧する際に正しいサーバ証明書を使用しているかどうか、Webブラウザが認証局に問い合わせることができます。

を行うことで、もしの間で外部からの改ざんが行われても検知することが可能となり、安全性が高まります。

※Webサイトの閲覧までは、このあとさらに細かなやり取りが行われていますが、ここでは省略させていただきます。

3.SSL化のメリット・デメリット

メリット

①セキュリティの強化
SSL化を行い、インターネット上でのデータの送受信を暗号化することで盗聴や改ざん・なりすましを防ぎます。

②SEO対策
2014年の時点で、 Google より「SSL化が実施されたサイトをSEO的に優遇する」という発表がありました。
SSLにより暗号化されたページは未対応のページよりも先にインデックス化されるため、検索結果に優先的に表示されます。

③サイトの信頼性向上
閲覧するたびに警告表示が表示されるWebサイトよりも「保護」という表示や鍵マークのあるWebサイトのほうが利用者に安心感を与えることができます。

デメリット

①費用がかかる
証明書の発行機関によっても異なりますが、ほとんどの場合、年間費用が発生します。

SSL証明書は、Webサイトの目的やセキュリティ強さによって
下記の3種類から選びことができ、それぞれで費用体系が変わります。

 ■ドメイン認証( DV : Domain Validation ):数千円~
 証明書の発行スピードが速く、他2つの認証方式と比べて安価。個人でも申請が可能。

 ■企業認証 ( OV : Organization Validation ):数万円~
 法人サイトで一般的に使われ、ドメイン認証と比べ、信頼性が高いことを証明することができる。

 ■拡張認証 ( EV : Extended Validation ):数十万円~
 厳格な審査の元で発行されるため、金融機関などで多く取り入れられている。

②SNS系のカウントがリセットされる
SSL化により、URLが 「http」⇒「https」 に変わるため、Facebookやtwitterなどの共有数がリセットされてしまいます。

③Google Search Consoleに再登録する必要がある
②と同様にURLが変わるため設定しなおす必要があります。

4.SSLの今後

Googleでは、インターネットをユーザーが安全に利用できるよう、段階的にSSL実施を呼びかけています。

たとえば、2017年には
「パスワード・クレジットカード番号を入力するフォームがあるにも関わらず、SSL暗号化がされていないページの場合はアドレスバーへの警告表示を開始する」との発表がありました。

そして、その発表からわずか1年後には一部のサイトだけではなく、「すべてのHTTPサイトで警告を表示する」と発表しています。

加えて、SSL化の有無が検索順位に影響するなどの施策などをふまえると
今後WebサイトのSSL化の注目度はさらに高まっていくのではないかと考えられます。

以上となります。
弊社でもお客様の安全・安心につながるようなホームページ制作を心がけていきます。

   
  • Web制作会社年鑑
  • ベンチャー通信編集部
  • 新聞・メディアに掲載されました
  • 渋沢栄一ビジネス大賞